駅前の「たこ公園」が!

2015年8月19日 14時29分 | カテゴリー: 活動報告

調布の皆さん、調布駅前のタコ公園が無くなること、知っていますか?

これからどんどん調布駅前も整備され、シネマコンプレックスや商業施設などができていきますが、設計図には「タコ」がどこにもないのです!あんなに市民に愛されている公園なのに!

私も、子どもが小さかった頃に時々遊びに行きました。タコの滑り台を何度も滑ったり、くるくる回る遊具や砂場で遊んだり、時間が来て動き出す仕掛けのある時計を楽しそうにじっと見ていたりと、楽しみの多い公園です。子どもも、大きくなったら「懐かしい!ここで遊んだなー」なんて思い出すのではないかと思います。駅前なので、学生さんや買い物帰りに立ち寄る人も多く、たくさんの市民の憩いの場となっています。

思えば、さらに以前の駅前広場には、噴水もありました。今までにいろいろに形を変えて整備されてきた駅前広場は、これからも更に整備が進んでいくわけなのですが、ふと、思いました。
懐かしい場所、風景を、私達は子どもたちに、どれだけ残して行けるのだろうか、と。

私たちのまち調布は、「うるおいと、ぬくもりのあるまち」を目指しています。うるおいやぬくもりは、ひとの心が感じるものです。きれいで快適で便利な新しいものの中には、果たしてそのうるおいとぬくもりを感じることができるのか…皆さんは、どう思いますか?

そして、タコ公園のタコを、どう思いますか?