「おしゃべりカフェ」選挙版~大事なことは議会に関心を持ってもらうこと~

2015年5月22日 20時15分 | カテゴリー: 活動報告

調布市では議員の任期は6月からとなりますので、今は新人研修や一般質問に向けてヒアリングなど準備の最中です。
2日間の研修を終え、今日、選挙中ずっとやりたいと考えていた『おしゃべりカフェ』を開催しました!
そのテーマは・・・・『選挙を語ろう‼』 

私にとって初めて経験した選挙、新鮮なうちに皆さんはどんなことを感じたかなど語り合いたいと思い、それっ!っと日程を提案し、すぐにお部屋を取ってもらいました。連携プレーです。 

時間もなく、広報もあまりできなかったのですが、狛江生活者ネットワークの新人議員山本あきこさんや、初めて選挙にチャレンジした若手の友人、選挙を手伝ってくれた仲間などにも声を掛けて、午後のお茶としては、大事なことを考えるステキな時間となりました。 

まず、選挙に関わって感じたことや、おかしいなと思ったことなどを一人一人お話ししてもらいました。

 ・身近な友人が出たことで、選挙がとても身近なことに思えた

 ・選挙を手伝ったのは楽しかったし、誰でも手伝えるのかと驚いた

 ・投票率が低い。どうしたら子育て世代や若い人たちに興味を持ってもらえるのか

 ・公職選挙法が古い。選挙期間中に情報を届けられない

 ・街頭演説していたら、子どもからなんの罰ゲーム?というような目で見られてしまった

 ・市議が何を考え、大事にしているかなどを常時話せる場がほしい

などたくさんの意見が出ました。

今回皆さんと話したことから、投票率を上げるには、まず、議会で何が問題になっているのか、議員として何をしているのかの情報を市民の皆さんに伝え、関心を持ってもらうことが大事だと思いました。 

 市議会の大事な役割の一つは市の予算を議決することです。調布市の今年度の予算は約850億!!そのお金がどう使われるか知るために、市の財政についての学習会を企画したいと考えています!

第二弾、どうぞお楽しみに!!